海賊からみた清朝 - 豊岡康史

豊岡康史 海賊からみた清朝

Add: uhexik4 - Date: 2020-12-18 18:26:50 - Views: 7403 - Clicks: 9807

そういえば清朝マンセー企画の予定が藤原書店から出てたが、シリーズ続刊がなかなか出版されませんね。. 海賊からみた清朝 十八〜十九世紀の南シナ海 (清朝史叢書)ならYahoo! 【2/25発売予定】」 岡田英弘=監修 〈清朝史叢書〉2『海賊から見た清朝』豊岡康史, 岡田英弘(監修)藤原書店c0320 18世紀末~19世紀初のシナ海域の歴史をつぶさにたどり、東方から世界につながる動きを見通す意欲作" 岩田 孝一 4年前 日本は良くなると思っ. 18世紀後半から19世紀前半にかけての中国沿海を中心とする国際政治経済関係は、当該期のアヘン・銀・茶といった国際商品とロンドン・シティの多角的金融構造を軸に成立する世界経済の重要な構成要素である。従来、この間の政治・経済関係は、「西洋=イギリス」と「中国=清朝」の衝突と. 銀の流通と中国・東南アジア/豊岡 康史/大橋 厚子(経済・ビジネス) - アヘン戦争直前、グローバルな銀の奔流に翻弄される中国と東南アジア。国際学術会議で展開された最新の経済史の議論を通じ、中国・東南アジアの近代の.

豊岡 康史 最近の著作. 氏名 豊岡 康史. 豊岡康史『海賊から見た清朝』 〈清朝史叢書〉 岡田英弘=監修. Zen Cart 日本語版 : 東インド会社とアジアの海賊世紀初頭にヨーロッパで誕生した東インド会社とその海上覇権の確立にあたって大きな障壁となった現地の海賊たち。両者は善と悪という単純な図式では表せない関係にあった。東インド会社もまた海賊であった―。.

11 形態: 505, xviiip, 図版4枚 ; 21cm 著者名:. 大清帝国の形成と八旗制. 西洋人の見た十六〜十八世紀の中国女性 フォーマット: 図書 責任表示: 矢沢利彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東方書店, 1990. 「海賊からみた清朝 十八~十九世紀の南シナ海」豊岡康史定価: ¥ 5,060豊岡康史 本 book 人文 社会海から捉える清朝史。 即決 2,750円. 中国近世の罪と罰 : 犯罪・警察・. 12 図書 日本の海賊.

パーフェクト攻略 ielst. 6 図書 清朝二百余年. 11 図書 海賊からみた清朝 : 十八〜十九世紀の南シナ海. 三笠宮と東條英機暗殺計画 極秘証言から昭和史. ^ 日本が領有した1895年の推計によれば、平地人(漢人と平埔族)が290万人で高山族が10万人である。1924年の台湾総督府『台湾.

【定価38%off】 中古価格¥3,100(税込) 【¥1,960おトク!】 海賊からみた清朝十八~十九世紀の南シナ海/豊岡康史(著者),岡田英弘(その他)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。. 豊岡康史『海賊からみた清朝 十八~十九世紀の南シナ海』宮脇淳子、楠木賢道、杉山清彦 編集、岡田英弘 監修、藤原書店〈清朝史叢書〉、年3月。 isbn。 その他. 西洋人の見た十六〜十八世紀の中国官僚 フォーマット: 図書 責任表示: 矢沢利彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東方書店, 1993.

Online ISSN :Print ISSN :ISSN-L :. 人の利害関係から発したものにすぎなかったのである 。 54 践一一する海賊 研究フォーラム イギリス寧がマカオに上陸したのと同じころ、清朝沿海では 海賊が横行していた 。一 八世紀以来、清朝領域内では人口が急 増していた 。沿海 部でも人余りの状況. Bib: BB1160913X ISBN:Holding items in this series. 06 税込,060 在庫僅少 16. 学校のモンスター (中公新書ラクレ) 諏訪 哲二; 登録 84. 中国 妖怪・鬼神図譜.

清朝柔遠記 フォーマット:. 豊岡康史(東京大・院)「嘉慶海賊と中国東南沿海社会」 司会:武内房司(学習院大) 前田尚美(京都女子大・院)「明代後宮と后妃・女官制度」 司会:新宮学(山形大) 12:30~13:30 昼食(於セミナーハウス食堂) 13:30~ 午後の部. 陳, 海賊からみた清朝 - 豊岡康史 舜臣(1924-) 平凡社. com」となります。 「HonyaClub.

・発表4 松方冬子(東京大学史料編纂所准教授)「海賊から商人へ―倭寇とオランダ東インド会社―」 ・発表5 豊岡康史(日本学術振興会特別研究員)「“中国海賊(チャイニーズ・パイレーツ)”イメージの形成」 ・発表6 村上衛(京都大学人文科学研究所准教授)「清朝に“雇われた. ウォッチ 文庫「レッド・ドラゴン進攻. 清朝中期の構造変動と「嘉慶維新」() 豊岡康史(信州大学人文学部) 相原佳之(東洋文庫) 村上正和(新潟大学人文学部) 李侑儒(国家海洋研究院/台湾) 研究協力者:柳静我(鳥取大学地域学部) はじめに 嘉慶四年正月初三日(1799 年2 月4 日)朝、太上皇帝フンリ、すなわち乾隆. タイトル: 海賊からみた清朝 : 十八~十九世紀の南シナ海: 著者: 豊岡康史 著 : 著者標目: 豊岡, 康史, 1980-著者標目: 岡田, 英弘,: 著者標目: 宮脇, 淳子, 1952-著者標目: 楠木, 賢道, 1961-著者標目: 杉山, 清彦, 1972-シリーズ. ポメランツ/. 世界システムと地域社会 : 西ジャワが得たもの失ったもの(京都大学学術出版会) もうすぐ発売(1. 報告7 豊岡康史氏(日本学術振興会)は「アヘン、eic、海賊―マカからみた19世紀のカントンシステム」と題して発表を行った。カントンシステムは、従来、欧米系商人の対外貿易における取引管理制度として捉えられてきた。氏はこれを国際関係のなかに位置付けようと試み、海賊問題. 本論文は18世紀から19世紀にかけての清朝の対外政策決定過程を再構成し、その基調を明ら かにするとともに、特に漢文行政文書において、その政策の正当化がいかなる叙法によって行わ.

海賊からみた清朝 : 十八~十九世紀の南シナ海 豊岡康史 著. ヨーロッパ人の植民地支配と東南アジアの海賊 / 弘末雅士 著 : 部分タイトル: 海商と海賊のあいだ / 中島楽章 著: 部分タイトル: 中国沿岸の商業と海賊行為 / パオラ・カランカ 著彌永信美 訳: 部分タイトル: 屏風に描かれたオランダ東インド会社の活動 / 深瀬公一郎 著: 部分タイトル 『中国海賊 ・楠木賢道『江戸の清朝研究 荻生徂徠から内藤湖南へ』 ・豊岡康史『「海賊」と清朝 東南沿海の社会・経済・国際関係』(第2回、年秋刊行) ・上田裕之『貨幣史からみた中国の源流 北京に向かう漢地の富』 ・渡辺純成『明清の受容した西欧科学』 これ以外の巻も刊行予定。タイトルは. 豊岡 康史: 清朝による海賊案件処理のパラダイムと政治状況の変容:乾隆・嘉慶年間の「艇盗の乱」を中心に: 中野 さやか: アリー・ブン・ムハンマドの反乱とアッバース朝社会:「ザンジュの乱」再定義: 年度 : 木村 暁. 中国の海商と海賊 フォーマット:. 定価¥5,060(税込) 海賊からみた清朝十八~十九世紀の南シナ海/豊岡康史(著者),岡田英弘(その他)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送. 12 形態: 90p, 図版1枚 ; 21cm 著者名: 松浦, 章(1947-) シリーズ名: 世界史リブレット ; 63 書誌id: baisbn:. 太田 出/著 大分岐 : 中国、ヨーロッパ、そし. 海賊からみた清朝 十八~十九世紀の南シナ海:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。nanacoポイントも貯まって使える便利でお得なショッピングサイトです。.

豊岡, 康史(1980-) シリーズ名: 清朝史叢書 / 宮脇淳子, 楠木賢道, 杉山清彦編 書誌id: bbisbn:子書誌情報. k. 海賊からみた清朝 〔十八~十九世紀の南シナ海〕 (〈清朝史叢書〉)作者: 豊岡康史,岡田英弘,宮脇淳子,楠木賢道,杉山清彦. その他の標題: 海賊からみた清朝 : 十八-十九世紀の南シナ海 海賊からみた清朝 : 18~19世紀の南シナ海 : 主題: 中国--歴史--清時代. 6 図書 海賊からみた清朝 : 十八〜十九世紀の南シナ海. 徳川家康:われ一人腹を切て、万民を助くべし.

ウォッチ レッド・ドラゴン侵攻!第2部(上) 南シナ海封鎖 二見文庫ザ・ミステリ・コレクション. 岡田 英弘/著 海賊からみた清朝 : 十八〜十九世. 海賊からみた清朝(藤原書店) 大橋 厚子 最近の著作. ^ a b 豊岡康史 『海賊からみた清朝:十八~十九世紀の南シナ海』 藤原書店 年、ISBNpp. 笠谷和比古; 登録 49. 本論文は、清代中期、とくに乾隆末年から嘉慶年間にかけての政策決定過程について、 いくつかの特徴的な具体的事例を通じて考察したものである。この時期は、18 世紀におけ る清朝の隆盛とアヘン戦争開始(1840 年)のはざまにあたり、これまで比較的研究が少なかっ たが、実. 図説海賊大全 資料種別: 図書 責任表示: デイヴィッド・コーディングリ編 ; 増田義郎, 竹内和世訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東洋書林,. 豊岡 康史/著 神話から神化へ : 中国民間宗教に.

年表 あとがき/平野健一郎 執筆者一覧 >. 岡本, 隆司(1965-) 講談社. 12 図書 清朝の興亡と中華のゆくえ : 朝鮮出兵から日露戦争へ. ―乾隆・嘉慶期の海賊問題を中心に― 豊岡康史. 海の近代中国 : 福建人の活動とイギリス・清朝 Format: Book Responsibility: 村上衛著 Language: Japanese Published: 名古屋 : 名古屋大学出版会,. 海賊からみた清朝-十八~十九世紀の南シナ海: 豊岡康史: 清朝史叢書 : 藤原書店: /03 発売 ( B6・398ページ ) ISBN:: 価格: 5,060円 ( 本体: 4,600円 ) ※ ※ こちらからご注文いただけます ※ リンク先のサイトは、日本出版販売㈱が運営する「HonyaClub. 海賊からみた清朝 十八~十九世紀の南シナ海 - 豊岡康史/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. (2)豊岡康史(東京大学)「19世紀初頭の中国沿海における海賊問題」 はじめに1780年から1810年までの中国沿岸における海賊問題の概説する点を報告の目指すところとして述べ、倭寇の時代(前期倭寇、後期倭寇、ポスト倭寇)、清朝による沿海管理体制の.

^ a b c 豊岡康史 『海賊からみた清朝:十八~十九世紀の南シナ海』 藤原書店 年、ISBNpp. 加藤 康男; 登録 34. 長沼, 賢海(1883-) 至文堂. 劉 雄峰/著,二.

対訳 仏教のすべてを英語で語ろう. 7.『中国海賊(チャイニーズパイレーツ)』イメージの系譜 豊岡康史 8.清朝に〝雇われた〟イギリス海軍―十九世紀中葉、華南沿海の海賊問題 村上衛. 豊岡, 康史(1980-) 藤原書店. 中国の海商と海賊 フォーマット: 図書 責任表示: 松浦章著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 山川出版社,. 富裕層のための海外分散投資 永峰潤. 銀の流通と中国・東南アジアの本の通販、豊岡康史、大橋厚子の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで銀の流通と中国・東南アジアを購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは介護・福祉の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 本を登録する.

2 Description: xii, 472, 204p : 挿図, 地図 ; 22cm Authors: 村上, 衛(1973-) Catalog. 学者偏差値ランキング 職業から. 海賊からみた清朝 (清朝史叢書) 十八~十九世紀の南シナ海 豊岡康史/藤原書店 /03出版 398p 20cm ISBN:NDC:222.

海賊からみた清朝 - 豊岡康史

email: ulahimy@gmail.com - phone:(945) 355-9634 x 6470

非営利法人の消費税 - 斎藤力夫 - グレートメモリアルブック 勇者シリーズ

-> 2016年世界の真実 - 長谷川慶太郎
-> 漢方による精神科治療 - 松橋俊夫

海賊からみた清朝 - 豊岡康史 - 実験医学


Sitemap 1

Empathy oral communication リスニングCD(生徒用) - コンパクトエンサイクロペディア情報処理 情報処理学会